忍者ブログ
[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28
Posted by Path, kobosi - 2012.11.05,Mon


大阪府堺市の大仙公園で催された『灯しびとの集い』に遊びに行きました。
10月27日(土)28日(日)の開催で、僕は二日目の28日にお邪魔しました。

イベントの開催は今年で4回目、例年のことらしいのですが、二日間のうち後半一日は雨。今年は28日が大雨でした。砂地なので足下はぐちゃぐちゃ。最初のうちは傘をさして濡れないように…とそろりそろり歩いていましたが、品物は見にくいし他の人の邪魔になるし、で、途中からはもう開き直って濡れねずみです。




10月にうつわノートさんでも拝見した、田鶴濱守人さんのブース。
いつ前を通っても、人でいっぱいでした。




田村文宏さんのブース





原朋子さん





山田洋次さん


他にも金属や木工、樹脂の方など、いろいろな作家さんが。
モノを見るのも、人と話すのも、同じく楽しい。そんな思いを抱きました。そしてこうした場をつくってくださった、主催・運営の方々にも、勝手に感謝したいと思います。



お天気のほうは降ったり止んだりを繰り返したのち、午後、会場においとまを告げる頃にようやく晴れ間が見えてきました。作家さん、スタッフの方たち、撤収は楽だと良かったんですが。

灯しびとの集いの後は、大阪市中央区の Meetdish という器屋さんにお邪魔しました。器の世界で長年、プロとして商いをしてこられたご主人のお話が、駆け出しの身に沁みました。なるほど、と思うこともあれば、そうなのか、とハッとさせられる話もあり。お話をしていて一番感じたのは、器と作家への愛情です。作り手と使い手を繋ぐ、器店という仕事に誇りを持っておられる、信頼の置けるお店と思いました。


いろいろな立場や考え方があって、現在の器や、大きく言えばクラフトの世界があるわけですが、僕は、そうした多様性そのものがこの世界にとって重要だと思います。
個性的だったり、先鋭的であることを最優先に考える人々がおり、また先人への敬意や伝統を何よりも重んじる感性があり、一方で流行におもね、その時代に最も一般的であることを指向するデザインがある。あるいは古いとか新しいとかでなく、真摯に素材と向き合うことで、その力や形を引き出そうとするものづくりがある。
それぞれの事象にそれぞれの好みや哲学、意見というものがあり、何でもありといえばありで、それが素晴らしい。

当たり前といえば当たり前すぎることですが、関東を離れて、あらためてそういうことを思いました。



























PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
profile
我孫子市のパン屋 「Path」 、 うつわと喫茶の店 「小星」 の日記です。
自己紹介:
 □ ご連絡は kobosi.pu@gmail.com まで。
days
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
search this blog
comments
[12/17 ルイヴィトン]
[12/15 Heidi Reynolds]
[12/14 ブランド偽物時計激安]
[12/14 ロレックススーパーコピー]
[12/14 ブルガリ]
[12/12 スーパーコピーブランド]
[12/11 スーパーコピーバッグ]
[12/11 シャネルスーパーコピーN級品]
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]